【手続きが簡単にできる】やさしい手のフランチャイズ事業の魅力とは

経営ノウハウを学ぶ

介護事業への参入

食事

サラリーマンを辞め、新たに事業を始めたい場合には、全く一から事業を考えるよりも、大手企業とフランチャイズ契約を結び、経営のノウハウを仕入れて店を出す方が早く経営が安定します。
フランチャイズというと、コンビニエンスストアや外食産業を思い浮かべる人が多いですが、最近では、やさしい手のような介護事業の会社とのフランチャイズ契約が注目を集めています。
これから日本は高齢化が進み、同時に少子化で介護の担い手自体が少なくなることから、今後ますます介護事業へのニーズが高まることが予想されます。
やさしい手は訪問介護、デイサービス、ケアプランの作成といった介護事業を展開しているだけでなく、介護事業のフランチャイズコンサルティング事業も展開しています。
介護事業を始めたいと考えている人は多いですが、利用者集めの方法、サービスの提供方法といった経営手法だけでなく、人員配置など、行政機関対応も考えなければならず、一から準備するとなると、かなりの手間がかかります。
しかし、やさしい手とフランチャイズ契約を結び、コンサルティングを受けることで、これらの準備期間は大幅に短縮され、他の介護事業者をリードすることができます。
そういったことから、ここ最近、やさしい手のフランチャイズで介護事業を始める人が増えています。
やさしい手は高齢者の介護を担うだけでなく、日本全国の介護事業開業者の夢の実現にも貢献する企業であり、注目を集めています。
今後介護関連の事業を始めたいという人は、介護業界のベテランであるやさしい手に相談してみましょう。

質の高い介護ノウハウ

模型

やさしい手は全国で介護事業を展開する事業者です。
やさしい手は看護士や介護士、家政婦などを派遣する事業から始まっており、介護保険制度がスタートする前から介護や在宅看護に関するノウハウを積み上げてきています。
長年の実績で積み上げたノウハウ、知識、技術、信頼がやさしい手の最大の特徴であり強みでもあります。
やさしい手は在宅介護を基本としている点にも大きな特徴があります。
介護が必要な人であっても、むしろ介護が必要であるからこそ住み慣れた家で暮らしていきたいと思っています。
住み慣れた街でいかに暮らしていくかを考えてサービスを展開している点に特徴があります。
在宅介護や在宅看護、地域に根付いた高齢者向け住宅、家事代行などのサービスを展開しています。
全国にネットワークを持っており、それぞれの地域に多くのヘルパーがいるのも特徴です。
ヘルパー数は6200人を超え、国内でもトップクラスです。
ヘルパーの能力も高く、高い技術レベルと知識レベルがあります。
ヘルパーを次々と変えているような難しい案件も積極的に請け負っており、質の高いサービスを提供しています。
きちんとした教育と指導が行われているため、報告漏れやずさんな書類管理などもなく、ケアマネジャーからも安心して頼めると評判があります。
やさしい手はフランチャイズ方式をとっていて、これから介護施設やサービスを開業したい人の支援をしています。
どの地域にオープンさせるかといった拠点の問題から、スタッフの育成まで幅広くサポートしています。
また、開業してからの運営方法やサービスの質を上げるための指導も随時行っており、安心して開業できるでしょう。

独立をしたい時に頼る

シニアと介護士

やさしい手は、在宅介護に関する様々なサービスを提供している企業です。
全国各地に店舗があり、訪問介護はもちろん、訪問入浴やショートステイ、地域交流レストラン等も提供しています。
さらにフランチャイズ展開もしており、多くの人が自分もやさしい手に関わりたいと希望しています。
やさしい手のフランチャイズ展開に興味があるから、どんなことをしているのか詳しく知りたいという人のために説明会を行っています。
月曜日から金曜日まで毎週常に行っているので、興味がある人はいつでも聞くことができるのが嬉しいです。
やさしい手のフランチャイズにはメリットがたくさんありますが、一番のメリットは、非常に豊富な経験、そして知識を持つやさしい手のスタッフによるアドバイスを常に受けられることです。
自分一人だけで事業を立ち上げ、さらに継続をするのはとても大変です。
ですが、スタッフによる手厚いアドバイスを受ければ、事業を成功させることは夢ではありません。
また、情報システムを導入することで効率よく事業を展開できるので、常に収益アップが見込めます。
今どのような状態にあるのか客観的に数字として知ることができるので、悪い所は改善し、良いところはより伸ばせます。
従業員のスケジュールもインターネットを通して的確にできるのも大きなメリットです。
本来なら時間のかかる様々な業務もやさしい手なら簡略化できますし、負担を大幅に減らせるので同時にストレスも軽減できます。